東京五輪(オリンピック)が中止?2032年に再招致されるのか調査!

コロナで2021年の開催を目標としている、東京五輪(オリンピック)ですが、こちらも中止されるのではないか?という話があります!

国際オリンピック委員会(IOC)では、すでに「中止」を判断しているという情報も入っています。

せっかく、オリンピック開催に向けて盛り上がってきていたのに、中止になったらどうなってしまうのでしょうか。

この記事では、

  • 東京五輪(オリンピック)は中止されるのか
  • 東京五輪(オリンピック)は2032年に再招致を目指す?
  • 東京五輪(オリンピック)中止の可能性にネットの声

を書いていきます!

東京五輪(オリンピック)は中止になるの?

なぜ今ごろになって、東京五輪(オリンピック)が中止されるという話が出てきたのでしょう?

世界でコロナがなかなか落ち着きを見せないなか、日本国内では21年開催に向けて、少しずつ準備を進めてきていると思っていたのですが、実は、国際オリンピック委員会(IOC)は、すでに「中止」を決断しているという情報を掴んだ人がいます。

作家の本間龍氏です。

本人に聞いた記事を発見したので、以下に載せますね!

IOCから日本の大会関係者に連絡があったのは、ここ数日のことだそうです。

『中止を視野に入れるべき』との趣旨だったといいます。

ドイツ出身のIOC・バッハ会長は欧州の感染状況を不安視しているのでしょう。

11月中旬に来日し、菅首相と会談する予定ですが、それまでに欧州の感染状況が好転していなければ、菅首相に直接『中止』を伝える可能性があります。

この状況ですから、まっとうな考えと言えるでしょう」

引用元:Yahoo!ニュース

「政府は来年1月をメドに、IOCや東京都などと共同で2021年五輪の中止を正式発表。という話も出ています。

この様な話が実際に出ているという事は、「中止」になる可能性も高そうですね。。。

東京五輪(オリンピック)は2032年再招致を目指すって本当?

「オリンピック中止」という話が出ているのですが、2032年に再招致を目指すという話もあるとか。

どういうことなのかと思い調べてみたところ、菅総理大臣が、2032年夏季大会の東京招致を表明する案を検討済み問ういう事でした。

なぜ12年後の招致を目指すのでしょうか。

それは、コロナ対策によるコスト増があるからです。来年夏開催となると、アルコール消毒やまた酷暑対策で日陰を作るためのテントの設置など、追加費用が800億円となる見通しが出たといわれています。

12年後であれば、さすがにコロナの薬やワクチンも開発されているので、リスクは少なるなるしその分のコストも不要となる。

そして、東京五輪に向けて建築をしている施設などをそのまま使うことが出来るという点でも、妥当ではないか。ということでした。

この話にネット上では、様々な意見が出ているようです。

東京五輪(オリンピック)中止の可能性にネットの声

ネットでも冷静な意見や選手を心配する声が出ています。

  • 中止の内定が流れているけどみんな落ち着いているよね
  • オリンピック中止は間違いないけど、資金の使い道が問題!悪人どもには最後まで責任を取ってもらおう!
  • オリンピック中止されたら、「オリンピック中止ショック」が市場を襲うんだろうな
  • チケットの払い戻しが始まるという事は中止が濃厚。選手のみなさんが可哀想

一生懸命練習してきた選手の方々もそうですし、東京五輪を盛り上げるために頑張ってきた方々の努力がムダにならないようにしてほしいですよね。

まとめ

東京五輪(オリンピック)が中止になるという情報を、作家の本間龍氏が除法を掴んでいた事が分かりました!

コロナ禍が収まらないまま、オリンピックを開催するのは、現実的ではないし、コロナ感染防止のための費用も800憶円予想と膨大にかかります。

それならば、コロナも落ち着いているであろう12年後、まだ開催地が決定していない2032年の東京招致をしよう。という流れになっているようです。

東京五輪(オリンピック)の開催・中止も気になりますが、今までそこに合わせて調整してきた選手の皆さんの心のケアも必要なのではないかと思います。

一般人には分からない大きなプレッシャーと、オリンピックに向けての努力、一生の目標として出場を掴んだ人もたくさんいらっしゃると思います。

その努力を無駄にしないようにしてあげて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です