COCOA(接触確認アプリ)の略は何?アプリを開発した会社も調査!

COCOA(接触確認アプリ)がリリースされ、ダウンロードも進んでいますね!

コロナの陽性者との濃厚接触があった場合、陽性者がIDなどを入力すると、個人情報は隠された状態でお知らせが届く仕組みとなっています。

  • COCOA(接触確認アプリ)の略は何?
  • COCOAの開発会社はどこ?
  • パーソルプロセス&テクノロジーとは?

について書いていきます!

COCOA(接触確認アプリ)の略は何?

COCOAって、何の略なんでしょうか?発音だけ聞くと「ココア」飲み物を連想してしまいますが・・・

調べてみたところ、以下の情報がありました!

ココア(COCOA)は、COVID-19 Contact Confirming Application の略です。

Contact :接触

Confirming:確認する

Application:適用・応用

だということが分かりました!やっと納得出来ました^^

COCOA(接触確認アプリ)の開発会社はどこ?

COCOA(接触確認アプリ)の開発を受注した会社はどこなんだろう?と思い調べてみたところ、パーソルプロセス&テクノロジーという会社であることが分かりました!

 このアプリは、人材サービス会社パーソルホールディングスの子会社であるパーソルプロセス&テクノロジーが厚生労働省から受注し、工程管理を行う。しかし、アプリの基盤は有志で集まったエンジニア集団「COVID-19 Radar Japan」が無償で開発したものだ。

引用元:https://diamond.jp/articles/-/240905

ただ、工程管理をする会社はあるものの、基盤は有志が無償で開発したものなんですね!

パーソルプロセス&テクノロジーとはどんな会社?

COCOA(接触確認アプリ)の開発した、「パーソルプロセス&テクノロジー」はどんな会社なのでしょうか?

ホームページを見てみたところ、

  業務プロセスコンサルティング、システム企画・開発、システム運用・保守、
パッケージソフト導入及び保守運用、インフラ設計構築、クラウドサービス、
ICTアウトソーシング、エネルギーアウトソーシング、セールスアウトソーシング、
WEBアナリティクスサービス、バックオフィス支援、カスタマーサポート支援

と、様々な業務を担っている会社であることが分かりました!

不具合などが出ていて大変な事になっているようですが、有志のみなさんで力を合わせて開発されたアプリ、ぜひコロナ感染予防のために使いたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です