ウチカレの漫画原作はある?あらすじの違いや最終回結末ネタバレを調査!

1月13日から、うちの娘は、彼氏ができない!!が放送されていますね!菅野美穂主演と、浜辺美波の2人が親子役で出演しています!

シングルマザーで恋愛小説家役の菅野美穂(水無瀬碧)と、これまで恋愛のきっかけがなかったしっかり者のオタク娘・浜辺美波(水無瀬空)が、

突如「私たち、恋をしよう!」と決意するところから始まります!

この記事では、

  • 「ウチカレ」マンガ・原作
  • 「ウチカレ」キャスト
  • 「ウチカレ」相関図
  • 「ウチカレ」ネタバレ

を書いていきます!

[A8記事中]

「ウチカレ」の漫画・原作はある?

「ウチカレ」には漫画や原作はあるのでしょうか?

公式サイトやTwitterなどを調べてみたのですが、オリジナルという事で原作はありません。

という事は、漫画もないという事ですね。

脚本は、北川悦吏子さんです。

NHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い」を書かれた事でも有名で、その他にも「世にも奇妙な物語」や「オレンジデイズ」なども担当されています!

[A8記事中]

「ウチカレ」のキャスト

水無瀬碧(菅野美穂)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Luna(@olumel7)がシェアした投稿

アラフォーの売れっ子恋愛小説家。やや天然ぼけで、思った事はすぐに口から零れる。

くったくがなくて、賑やかな女性で、すぐに舞い上がって、すぐに落ち込む。

なのですぐ人に騙される。もちろん男性にも…

外見はキレイで恋愛経験も豊富ではあるが、性格がキレイではない。

黙っていることが出来ない、落ち着きがない3枚目キャラである。

一人娘がいるのだが、夫は分け合っていない状態。

母一人子一人の生活ではあるが、仕事面では、美貌もあり人気が出た。

小説はサスペンスが売れる傾向があって、自分も頑張って書いているが迷走中である。

現在は、小さい頃から住んでいた東京下町の清家の近くにタワマンを交友して娘と二人で暮らしています。

水無瀬空(浜辺美波)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浜辺美波 Hamabe Minami(@minami_hamabe.official)がシェアした投稿

筋金入りの漫画オタクの20歳の大学生。

これまでは、趣味に忙しく恋愛の優先度は低い。

漫画は、はーどなBLから血みどろのダークファンタジーやドメジャーな漫画から同地震まで守備範囲は広い。もちろんアニメのチェックも欠かさずしている。

パット見た目は、愛想がなくクールで理詰めな印象があるが、本当のところはやわらかいあ女の子で、心は清く天然な母親に守らなければ。とも思っているほどのしっかり者である。

彼氏は、ホントは欲しいけど…どうやって作るんだろう?というレベル。

入野光(岡田健史)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenshi Okada 岡田健史(@kenshi_okada_official)がシェアした投稿

水無瀬空の大学の同級生。

陽キャでイケメン、頭も良くて何かとパーフェクトである。

もちろんモテモテで、不特定多数の女子と遊んではいる物の本命の相手はいない。

密かに関係を持つ年上女性がいるのだが、本気の恋は面倒臭いとも思っていり…

実を言うと”隠れ○○”。をきっかけに、空と不思議な関係になって行くのだが…

[A8記事中]

ゴンちゃん(沢村一樹)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ウチの娘は、彼氏が出来ない‼︎【ドラマ公式】(@uchikare_ntv)がシェアした投稿

通称ゴンちゃんで、碧いの幼馴染である。

葵の近所の下町商店街の鯛焼き屋「おだや」の四代目。

「俺はこんな商店街で終わるような男じゃない」と20代の頃に実家を捨てて、長い間歩廊の旅に出ていたのだが、旅先のフランスでパティシエ」修行をしていた?や外国人女性と結婚していたなどという話もあるが、どこまでが本当かは不明。

帰国した5年前から、お店を継いで先代と一緒に働いているという話。

碧と空は昔から「おだや」に入り浸っていて、ゴンちゃんにとって家族のような存在である。

シングルマザーの碧とは独身同士で、合えば年齢を重ねたことによる悩みを語り合うような、ときめきとは程通り関係だったのだが…?

橘漱石(川上洋平)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

川上 洋平(@yoohei_alexandros)がシェアした投稿

葵の担当編集者。

雰囲気がイケメンのため、女流作家を担当させられることも多い。

クールな外見とは全く違い、仕事に対しては熱く、作家としてスランプを感じている碧を献身的に支えているのであった。

橘のボソッと言った一言があまりにも酷く、碧に刺さりまくっている…

[A8記事中]

小西編集長(有田鉄平)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

有田哲平(@aritateppei)がシェアした投稿

大手出版社・散英社の敏腕編集長であり、芸能界にも精通している。

イケイケでありながら、碧を見出した人物で、その付き合いは長い。

売り上げが見込める作家に新作を書かせるためなら、手段を択ばない。

出世願望が強く、上の者にはヘコヘコして、弱者に対しては厳しく当たる。

だが、どこか憎めない存在でもある。

伊藤沙織(福原遥)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

福原遥*Haruka Fukuhara(@haruka.f.official)がシェアした投稿

漱石彼女で同僚でもある。

漱石の常に行動を追跡して、まるでストーカー状態。

漱石と碧の関係に嫉妬するあまり、水無瀬家や近所の「おだや」を頻繁に訪れるようになるのだが…

[A8記事中]

「ウチカレ」の相関図

ここで、「ウチカレ」のキャスト相関図を見ていきましょう!

引用元:ウチカレ公式サイト

水無瀬碧の彼氏候補は3人もいるのですね!

やはりモテる女性だけあって、母親になってもその人気は変わらないようです。

入野光の隠れ○○が気になるところですが、やはり空と同じ「オタク」なのでしょうか。

もつれながらも、この人間関係がどうなって行くのか見ものですね!

[A8記事中]

「ウチカレ」あらすじ最終回結末ネタバレ徹底調査!

ウチカレのあらすじから。

恋愛小説の女王と呼ばれた自分の娘に彼氏が出来ない理由は…

娘は筋金入りのオタクだから。

二次元にまみれて一生家にいたらどうしよう?と悩む母。

一方、娘の言い分は…

漫画は次々に新刊が出るし、コミケに向けてコスプレの準備も必要。

そもそもご縁もなかった。

そんなことより、何よりも心配なのが私の母親!

いい年して天然で暴走していて世間知らずな、かーちゃんを放ってはおけないよ。

でもそんな時、二人に恋の春一番が突如吹き付ける。

娘にとっては人生初、母にとっては久々の恋!

トモダチ母娘のそれぞれの恋が始まった!

[A8記事中]

最終回結末予想

水無瀬碧は3人の彼氏候補の中の誰を選ぶのか、一番怪しいのが、出版社勤務の橘漱石。

いつも碧の近くにいて、仕事で行き詰っている碧を献身的に支えていることから、心開くきっかけにもなるのではないか?と考えています。

また、水無瀬空は、オタクでありながら、どんどんキレイな女性へと変身していくのではないか?と予想しています。

入野光は、隠れオタクで、空と意気投合してしまう!などでしょうか。

どのような展開になって行くのかたのしみですね!

[A8記事中]

まとめ

この記事では、「ウチカレ」の原作や漫画と結末あらすじ予想を書きました。

「ウチカレ」はオリジナルのため、原作や漫画はない事が分かりました!

また、結末あらすじですが、最終的にくっつくとしても、それまでには数々の障害があるのではないか?と予想しています!

どのようにドラマが展開していくのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です