台風20号と21号(2019)の最新進路予想(米軍・気象庁)!風速や雨量と地域のピークや影響を調査!

こんにちは!

台風20号のお話も出ていますが、ここへ来て台風21号(2019)が発生しましたね。

まだまだ、台風15号や台風19号の片付けに追われていたり、停電したままの地域もたくさんあると思います。

ここでまた、台風が来るの?
台風20号と同じ時期なの?
最新進路予想とか出てるの?

など不安になると思います。

そこでこの記事では、

  • 台風20号と台風21号(2019)の最新進路予想
  • 台風20号と台風台風21号(2019)発生でネットの声
  • 台風20号と台風台風21号(2019)で風速や雨量と地域のピークに影響はあるか

を調査しました!

台風20号と21号(2019)の最新進路予想は?

10月19日夜、トラック諸島近海で台風21号(2019)が発生しました。

また、強い台風20号は、20日(日)午後6時現在、南大東島の西南西約180キロにあって、時速20キロで北北東に進んでいます。

引用元:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

そこで気になるのが、台風の進路ではないでしょうか?米軍と気象庁の予想を調べました!

米軍合同台風警報センター(JTWC)の台風21号(2019)進路予想

米軍合同台風警報センター(JTWC)の台風21号(2019)の進路予想を見てみましょう!

台風19号のような事はないかもしれませんが、台風20号は沖縄から本州の近くを通過していくので注意が必要ですね!

気象庁の台風20号と21号(2019)進路予想

次は、気象庁の台風20号と台風21号(2019)の進路予想です!

台風21号は、列島からは少しずれますが、天気が荒れるので油断はできませんね。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予想はこちら。

また、被害が出ないように準備をする必要がありそうですね!

台風20号と台風21号(2019)発生でネットの声は?

台風19号でも被害あったのにどうなっちゃうの?とネット上でも騒がれています。

皆さんの声を紹介しますね!

ここまで来ると、みなさん疲れの色が見えますよね。被災地の方は特に、後片付けなどで疲労困憊しているうえに、この台風。

どうかこれ以上、影響が出ない事を祈るばかりです。

台風20号と台風21号(2019)で風速や雨量と地域のピークに影響はある?

頻繁に来る台風となると、風速や雨量と地域のピークなどの影響が気になるところですよね?

気象庁の予想では、台風20号は、20日の18時には、中心気圧が975ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートルと猛烈な台風へ発達すると予想されています!

台風21号は、20日の18時現在、トラック諸島近海にあって、時速20キロで西北西へ進んでいます。

中心気圧は、985ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルとなっています。

前回の台風と比べると、数字が小さいから大丈夫かと思いがちですが、強風に強雨になる予想がされていますので、いつもの台風と同じように準備が必要です。

最新の情報が入り次第、追記していきますね!

まとめ

台風210号と21号(2019)が、発生しました。

今後、台風20号は発達しながら、21日(月)に沖縄の大東島諸島へ近づいてくる予想が出ています!

海は大しけとなる見込みで、強風と高波に注意か必要です。

また、台風21号は、発達しながら北上し、23日(水)には非常に強い勢力で小笠原近海まで進む見込みです。その後も北上を続けて、週の後半には本州にも近づく恐れがあるので、油断せず避難の準備をしておきましょう。

交通機関の運休情報など気を付けてください。

進路情報など、最新の情報が入り次第、追記していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です