「僕はどこから」(ドラマ)1話の動画見逃し配信の無料視聴方法は?再放送の日程とキャストも!

こんにちは!1月8日に「僕はどこから」の1話が放送されましたね!

リアルタイムで放送しているドラマだと、仕事などの都合で全て観る事が出来ない方も多いと思います。

この記事を読んでくれているあなたも、

「見逃してしまった><」
「録画し忘れた!!!」
「再放送はあるの?」
「見逃し配信とかないかな?」

と思っているのではないでしょうか?

ただ、このような作品はいつ再放送するか分かりませんし、やったとしても半年~1年後になることがほとんどです。

そんな場合でも、最新ドラマを見逃した時には動画配信サービスでの見逃し配信を使って見ることができます!

結論
動画配信サービスParaviを使えば、2週間無料で「僕はどこから」1話の見逃し配信を視聴出来ます!

Paraviでは初回登録から2週間無料のお試し期間があり、「僕はどこから」を1話から最新話まで視聴することができます!

配信サービス 配信の有無 詳細リンク
Paravi Paravi詳細
Hulu × Hulu
U-NEXT × U-NEXT
FOD × FOD
dTV × dTV
ビデオパス × ビデオパス

※1 2週間無料 → iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。

そして、無料期間中に解約すれば、一切お金を請求されることなくドラマや動画コンテンツを楽しめてしまうんです!

⇒「僕はどこから」を今すぐ無料で見るにはこちらをタップ!

「僕はどこから」1話の再放送はある?

「僕はどこから」は、再放送するのでしょうか?

まずTBSのドラマは、基本的には放送期間中には再放送を行いません。

視聴率が良ければ、臨時で再放送を行うケースもあるので調べてみましたが、再放送の予定は見つける事ができませんでした。

見逃してしまったのなら、再放送を待つより、Paraviで見逃し配信を見た方が早いしストレスも溜まりませんね!

しかも、1話分だけでなく最新話までの全ての話数を楽しむことができますよ!

⇒無料で「僕はどこから」を1話から最新話まで見るにはこちらをタップ!

Paraviでは最新作やTV放送中ドラマも見放題配信が多数!

今回は、「僕はどこから」の見逃し配信を無料で視聴することができるという事で、Paraviを紹介しました!

ですが、それだけではなく、

他のドラマも観ることができるんです!

最新2019秋ドラマ

  • グランメゾン東京
  • ハル~総合商社の女~
  • G線上のあなたと私
  • 死役所
  • ミリオンジョ―
  • 4分間のマリーゴールド
  • 孤独のグルメ season8
  • ひとりキャンプで食って寝る

※ 本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はParaviにてご確認ください。

⇒「僕はどこから」を今すぐ無料で見るにはこちらをタップ!

Paraviの登録方法の手順を紹介!

登録は、Paraviのサイトから行います。

登録自体は、3分あれば終わるほど簡単なのですが、以下でステップごとに手順を解説していきます!

※無料体験だけでもクレジットカードの登録が必要です

1.Paraviの登録ページにアクセスします。

2.プラン内容を確認します。

3.視聴確認をします。

4.メールアドレス(または外部サービス)でアカウントを作成します。

5.支払情報を入力します。

6.登録完了!

パソコンで登録した場合、登録後はログイン状態になっていますので、そのまま動画を視聴できます!

スマホで視聴するには、「Paraviアプリ」が必要になりますので、

・App Sotre
・Google Play

よりインストール ⇒ ログインする事で動画を視聴できます。

登録手順は以上です。

手順を見てわかる通り、とても簡単に登録でき、動画視聴をスタートできますよ!

⇒Paraviの無料お試しはこちらをタップ!

Paravi無料体験の解約手順を紹介!

無料お試しを始める時に気になるのは、

簡単に解約できるの?

というところではでしょうか?

結論から言ってしまえば、解約も3分かからず簡単にできます!

以下で解約手順を見ていきましょう!

解約は、ネット上で簡単に行う事ができます。

1.メニュー⇒アカウント情報を表示します。

2.「契約プランの確認・変更・解約」をタップします。

3.「プラン解約」をタップします。

以上で、解約手続きの完了です!

注1)無料お試し期間中に解約した場合は、その時点から動画を観ることが出来なくなります。有料期間中の解約の場合は、解約した月末までは視聴が可能です!

注2)スマホの、Paraviアプリのアンインストールだけでは解約にはなりません!
ネットの指定ページから解約手続きをする事で正式に解約となりますのでご注意ください!

※無料期間内に解約すれば料金は一切請求されません。

2週間を過ぎると、月額1017円(税込)かかりますので、無料期間のお試しで退会する場合は気を付けてください。
※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。

あなたも、Paraviに無料で会員登録して、見たかった動画コンテンツを楽しんでみてくださいね!

⇒Paraviの無料お試しはこちらをタップ!

「僕はどこから」のあらすじ

今から半年前。竹内薫(中島裕翔)は、認知症を患う母・陽子(仙道敦子)の介護をしながら小説家を目指していた。

薄暗い部屋で原稿用紙に一心不乱に文字を書きなぐる薫。

だが薫が持つある特殊能力により、小説は参考にした作家の作風にことごとく酷似。出版社に持ち込むたび酷評され、挙句「キミってもんがないのかい?」と一蹴されてしまう。

その頃、22歳の若さで講談会系東宮寺組聖狗会の組長となった藤原智美(間宮祥太朗)は、会長の東宮寺正胤(若林豪)から、誰もやりたがらない“デカいシノギ”の依頼が。

依頼主が「先生」だと聞いた部下の権堂真司(音尾琢真)は不安がるが、智美は冷静に「藤原千佳(上白石萌歌)に連絡を取れ」と指示をする。

このシノギになぜか薫が巻き込まれることとなる――。

引用元:僕はどこから公式サイト

⇒「僕はどこから」を今すぐ無料で見るにはこちらをタップ!

「僕はどこから」1話の感想

50代女性
アルツハイマー病を患っている母親を介護している主人公・薫の辛抱強い、優しい態度、そして社会での彼の立ち位置には思わずホロリときました。薫の”他人の頭で考える事ができる”という特殊能力を、高校の同級生でありヤクザになった藤原にどう利用されるのか?かなりヤバそうな仕事ですが、バレずに大金を得てほしい・・・と思わず思ってしまう、そんな1話でした。中島裕翔くんがとにかく守ってあげたい感じでしたが、2話以降でどう変わっていくのか!?漫画原作ドラマには欠かせない間宮祥太朗くんにも注目しています。
30代男性
「僕はどこから(第1話)」を観て、母親が認知症の中でも、竹内薫が、小説家として一人前になろうとする姿勢にとても感銘を受けました。自分の書いた原稿を出版社に持っていった時に、「キミってもんがないのかい?」と言われてしまったシーンに、とても辛く感じました。小説家への才能が無いと考えるのではなく、前向きに捉えて、見返してやるという気持ちで頑張ってほしいと思いました。今後、薫が持つ特殊能力は、どうなっていくのか観ていきたいと思いました
40代女性
薫の丁寧な言葉づかいが、いまどきとは思えない好感度だった。若い母親なのに痴呆が入っちゃうなんて本当に大変な苦労人だと思った。知美の方は立派なやくざになっているけど、かなりにあっていた風格はあったね。まだ声は若々しい感じはしたけど。薫の能力を知って仕事を頼みに来たんだね。薫は利用されちゃうんだろうか。いい人そうな薫が、生活のために悪事に手を出すなんてね。なんだか心配で、目が離せないドラマだなと思います。
40代男性
「ヤングケアラー」として介護の日々を送っている健気な若者。そして、シチュエーションが社会人としてはダメダメな人物という設定というスタートから、実はとんでもない能力が備わっているという内容。そして、生活が大変そうなところから変化していくという、結構ありがちな設定ではあるのですが、今後の展開はひと波乱ありそうなわくわく出来るものでもありました。異様な光景の連続からスタートする話は今後、それをどんどん覆していく内容になっていくことが多いので楽しみです。
30代女性
薫が暗闇で小説を書くシーンと母親の介護シーンは少し暗い気持ちになりました。ドラマの本質とは違いますが、認知症の母親の介護をする息子という主人公の設定が現代のリアルを描いていると思いました。介護の大変さなどに想いを馳せていたらドラマのストーリーから置いて行かれていて少し焦りました。今後の薫と藤原の絡みが楽しみなので次回からは余計なことを考えずドラマに集中したいです。ただそれだけすべてのシーンがリアリティにあふれていて引き込まれるドラマでした。
20代男性
今回のラストで智美は薫に協力してもらうため声を掛けたところで話は終わり謎が多く残りました。 智美が抱える案件はどのような内容なのか、なぜ智美が薫を協力者に選んだのか、気になるところです。 第1話の薫は、小説家という夢を追いながらもなかなかうまくいかず、さらには認知症を患う母が転落事故で怪我をしてしまうなど不幸続きでした。 精神的に追い詰められていく場面は観ていて胸が痛くなりました。 第1話では、小説家・羽田圭介や芸人・夙川アトム、アイクぬわらなどあまりドラマでは見かけないような人達も出演していて面白かったです。
50代女性
主人公の世間知らずな生真面目さにつけこむ人物が頻出するのですが、その一人である編集者が羽田圭介さんでした。いやらしい物言いをするうまい役者だなあと思っていたら、羽田さんでした。羽田さんの演技にはご自分の経験が生かされているのかなと勘繰ってしまいました。出演者でもっとも注目していたのは仙道敦子さんで、難病患者にしては美しすぎますが、「お母様」と呼ばれて尽くされるにふさわしい存在でした。スタッフの情報がつかみにくいのですが、演出(井上親子の場面など)が素晴らしく、最後までノンストップで見たい、次回が待ち遠しいドラマです。
50代女性
薫がすごくいい子で置かれている状況が気の毒過ぎて見ていて辛いくらいでした。「お母様」と呼ぶところが人の良さと育ちの良さを感じました。薫の能力があればいくらでもお金儲けができそうなのに違法行為はしないという強い良識があり、本当にいい子。でも、その能力ゆえに色々利用されてしまうんだろうなと心配です。藤原は一応友達なので、薫のことを利用するだけってことはないといいなと思います。でも、裏社会の人にとっては薫の能力は金の成る木ですよね。藤原がちゃんと友情を大事にする人でありますように。
40代男性
間宮祥太朗がヤクザの組長という役を演じているのも斬新な感じがして良かったです。中島裕翔が母親を看病したりするシーンなどでは哀しい雰囲気のドラマの感じが出ます。ただ所々にふざけた場面が混在していました。中島裕翔と肩をぶつけた人物がいて一瞬誰かはわからなかったんですが、羽田圭介だったのはビックリしました。中島裕翔の役が作家を目指している絡みもあるとは思いますが驚きました。その他でも芸人が出ていたり違和感あるシーンなどふざけた演出もあり面白かったです。
30代女性
薫の持つ特殊能力が突拍子もないと思いながらもうらやましくなりました。書き写すだけで書いた人間の心理や心情がわかるなんてすごい能力だと思います。薫のこれからが気になる内容ですが心配しつつ楽しみでもあります。薫の特殊能力がどう生かされ利用されていくのかが気になりました。また痴呆症のお母さんはリアリティがあり、仙道敦子さんはさすがだなと思わせる演技力でした。以前から好きな女優さんなので出演がうれしかったです。
50代女性
原作にとても忠実な実写化作品ですが、主人公の薫に中島裕翔くんの、藤原に間宮祥太朗くんのキャラが加味されて、さらに奥深い魅力が溢れるドラマに仕上がっています。さらに、魅力的なキャラとして、藤原に支える世話役のヤクザ・権堂を実力派の音緒琢真さんが演じており、彼は他の作品でも凄みのあるリアルなヤクザを演じていて、彼がそこにいるだけで、空気が変わります。その存在が隣にあることで、藤原のキャラクターがリアルに構築され、ぐっと迫力を増して迫ってきます。その彼が藤原の妹の千佳に呼び捨てにされて翻弄される姿や、初対面の薫が作るチャーハンに驚くお茶目さが、重苦しい作品に意外性のあるアクセントを盛り込んでいます。
50代男性
番組が始まり、時間経過とともに、ドンドンハマっていってしまいました。何気に魅せられました。そして、次回がとても待ち遠しくてたまらなくなりました。ドラマホリック特有の空気感が心地良かったです。今後、薫(中島裕翔)の持つ特殊能力が活躍するようだが、どんな結果をもたらすのだろう?。それから、何故に薫は自分の母親(仙道敦子)のことを「お母様•••。」と、呼ぶのだろう?。あとインパクトあったのは、聖狗会の組長:藤原智美を演じている間宮祥太朗でした。迫力満点で結構ハマリ役だと思いました。
30代女性
期待していた通り、凄く面白かったです!あらすじにあった「薫が持つある特殊能力」がずっと気になってましたが、1話のラストで明らかに!ただ、「他人の頭で考える」とは!?まだ謎を残したまま1話目終了なので、早く続きが観たいです!ストーリーがシリアス寄りながら、上白石萌歌ちゃんの可愛らしい笑顔で一気に和みました。原作の漫画を先に読んでしまいたい位に続きが気になりますが、毎週の楽しみにして2話目の放送を待ちます!

⇒「僕はどこから」を今すぐ無料で見るにはこちらをタップ!

「僕はどこから」のキャスト

竹内薫:中島裕翔

藤原朋美:間宮祥太朗

藤原千佳:上白石萌絵

権藤真司:音尾琢真

山田龍一:高橋努

東宮寺正胤:若林豪

井上玲:笠松将

井上涼子:仙道敦子

⇒無料で「僕はどこから」を今すぐ見るにはこちらをタップ!

「僕はどこから」1話の感想

40代女性
薫の丁寧な言葉づかいが、いまどきとは思えない好感度だった。若い母親なのに痴呆が入っちゃうなんて本当に大変な苦労人だと思った。知美の方は立派なやくざになっているけど、かなりにあっていた風格はあったね。まだ声は若々しい感じはしたけど。薫の能力を知って仕事を頼みに来たんだね。薫は利用されちゃうんだろうか。いい人そうな薫が、生活のために悪事に手を出すなんてね。なんだか心配で、目が離せないドラマだなと思います。
40代男性
「ヤングケアラー」として介護の日々を送っている健気な若者。そして、シチュエーションが社会人としてはダメダメな人物という設定というスタートから、実はとんでもない能力が備わっているという内容。そして、生活が大変そうなところから変化していくという、結構ありがちな設定ではあるのですが、今後の展開はひと波乱ありそうなわくわく出来るものでもありました。異様な光景の連続からスタートする話は今後、それをどんどん覆していく内容になっていくことが多いので楽しみです。
30代女性
薫が暗闇で小説を書くシーンと母親の介護シーンは少し暗い気持ちになりました。ドラマの本質とは違いますが、認知症の母親の介護をする息子という主人公の設定が現代のリアルを描いていると思いました。介護の大変さなどに想いを馳せていたらドラマのストーリーから置いて行かれていて少し焦りました。今後の薫と藤原の絡みが楽しみなので次回からは余計なことを考えずドラマに集中したいです。ただそれだけすべてのシーンがリアリティにあふれていて引き込まれるドラマでした。
20代男性
今回のラストで智美は薫に協力してもらうため声を掛けたところで話は終わり謎が多く残りました。 智美が抱える案件はどのような内容なのか、なぜ智美が薫を協力者に選んだのか、気になるところです。 第1話の薫は、小説家という夢を追いながらもなかなかうまくいかず、さらには認知症を患う母が転落事故で怪我をしてしまうなど不幸続きでした。 精神的に追い詰められていく場面は観ていて胸が痛くなりました。 第1話では、小説家・羽田圭介や芸人・夙川アトム、アイクぬわらなどあまりドラマでは見かけないような人達も出演していて面白かったです。
50代女性
主人公の世間知らずな生真面目さにつけこむ人物が頻出するのですが、その一人である編集者が羽田圭介さんでした。いやらしい物言いをするうまい役者だなあと思っていたら、羽田さんでした。羽田さんの演技にはご自分の経験が生かされているのかなと勘繰ってしまいました。出演者でもっとも注目していたのは仙道敦子さんで、難病患者にしては美しすぎますが、「お母様」と呼ばれて尽くされるにふさわしい存在でした。スタッフの情報がつかみにくいのですが、演出(井上親子の場面など)が素晴らしく、最後までノンストップで見たい、次回が待ち遠しいドラマです。
30代男性
「僕はどこから(第1話)」を観て、母親が認知症の中でも、竹内薫が、小説家として一人前になろうとする姿勢にとても感銘を受けました。自分の書いた原稿を出版社に持っていった時に、「キミってもんがないのかい?」と言われてしまったシーンに、とても辛く感じました。小説家への才能が無いと考えるのではなく、前向きに捉えて、見返してやるという気持ちで頑張ってほしいと思いました。今後、薫が持つ特殊能力は、どうなっていくのか観ていきたいと思いました

⇒無料で「僕はどこから」を今すぐ見るにはこちらをタップ!

Paraviで「僕はどこから」を視聴しよう!

さて今回は、「僕はどこから」を無料視聴出来る方法を紹介しました!

「僕はどこから」は、今のところは再放送の予定はありません。

再放送するとしても、半年後から年単位後の放送になる可能性があります!

それならば、「僕はどこから」を1話~最新話まで視聴できるParaviへ登録して無料で観てしまえば良いのです!!!

また、「僕はどこから」以外にも、「グランメゾン東京」や「ハル総合商社の女」に「G線上のあなたと私も視聴できます!

登録・解約手順も簡単なので、ぜひ2週間の無料期間を利用して最新ドラマや名作ドラマなどを楽しんでしまいましょう!

⇒無料で「僕はどこから」を今すぐ見るにはこちらをタップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です